ニキビと吹き出物

ニキビと吹き出物は、同じような感じがありますが、
どこか違いはあるのでしょうか。


一般的には、20歳までにできるのがニキビで、
20歳を超えてからできるのが吹き出物と言われています。


つまり、大人ニキビは吹き出物ということになります。



ニキビというのは、簡単に言うと、
青年のものに限られて使われるものなのです。


成人のニキビは吹き出物になります。


わざわざ、ニキビと吹き出物を使い分けるのは、
思春期と成人のニキビでは原因が異なるからです。


それ以外は、特に深い意味はありません。


思春期で発生するニキビは、
テストステロンの分泌量に対する反応で起こるもので、
大抵はその反応は時間がたつにつれて減少してきます。


そのため、20代前半までにはニキビが改善したり、数が減ってきます。


しかし、吹き出物については、
また減少した菌が出てくることがあるので、症状を何度も繰り返します。



吹き出物はストレスや睡眠不足などでも起こります。

成人で吹出物に悩まされている人は、
規則正しい生活をしてきちんと洗顔をしていく必要があります。


そうすれば、吹出物を減らすことができるでしょう。