一般的ニキビの『芯』

ニキビの芯は、角栓と言われていて、
皮脂の分泌過剰や肌のターンオーバーが乱れるとできやすくなります。


角質が増殖して毛穴が詰まってしまうと、
ゴマのようなニキビの芯ができます。


ニキビができてしまった時、
早く治したい一心で、
ニキビの芯を自分でとることがあります。


ニキビの芯が簡単に取れる状態であれば、
とったほうが良いです。

鼻に貼って芯をとるテープを使用したり、
吸引器具などを利用することで、
ある程度ニキビの芯は除去できます。


ただし、大きなニキビの芯は、無理にとってはいけません。


そうすることで、
さらにニキビが悪化する場合があるので注意しなければなりません。


皮膚科などの医療機関においては、
ニキビの芯を出すニキビ治療があるので、
ニキビの芯はとったほうが良いと思いがちですが、
必ずしもそうではありません。


ニキビの芯を潰しても良い段階は、白ニキビと黒ニキビだけです。


皮脂が詰まっただけの白ニキビ、黒ニキビの段階であれば、
正しい方法でニキビを潰して芯を出すことで治りが早くなりますが、
赤ニキビの場合はニキビを触ったり潰してはいけません。

ニキビについて関連コンテンツ

カサカサ肌
カサカサ肌の人は、お肌に優しい洗顔料をチョイスしてよく泡たてて、出来るだけ、肌をこすらないようにして ..... >> 続きを読む

血行を良くする
寒い時節になると冷えて血液が上手く流れなくなります。 血行が良くないと肌細胞に十分な栄養が届かず、 ..... >> 続きを読む

顔を洗った後の保湿
顔を洗った後の保湿は乾燥肌を予防・改善する上でなくてはならないことです。 おろそかにしてしまうとま ..... >> 続きを読む